洋服がほつれて困った!そんな時の対処法とは?|【服の買取専門店バーム】


洋服がほつれた時の対処法とは?

着ている洋服がほつれて困ってしまう場合もあると思います。 今回は、そんな困った洋服のほつれと対処法を説明します。

<洋服のほつれをプロに依頼して直してもらう方法>

ほつれてしまった洋服が出来るだけ綺麗に直したいケースもあると思います。
そんな時には、自分で洋服のほつれを直す事に抵抗のある方もいるかも知れません。
よって、そのような場合には洋服を直すプロに依頼する事も方法です。
洋服の修繕店に洋服がほつれたに対応してくれるか聞いてみると良いです。 洋服の修繕店も色々な所があるので、確認する事をおすすめします。 洋服のほつれを直す事を依頼する為の料金は幾ら位かチェックすると良いです。


<とにかく時間がない場合に自分で洋服のほつれを対処する方法>

洋服がほつれたのが遅刻出来ないデート間近やお仕事の始業開始直前の出来事な時もあるでしょう。
このような時には、時間を掛けずに応急措置をするのも方法です。
きちんと洋服のほつれを直す事は後で行うのです。

この洋服のほつれの応急措置の方法は以下の様な物が挙げられます。

・安全ピンを使用する
・接着剤を使用する
・テープを使用する
・ホチキスを使用する

ただ、このような方法で応急措置をすると洋服が傷付いてしまう場合があります。 後で応急措置を行った事を後悔した形にならないようにしましょう。 加えて、応急措置をしたまま、そちらを忘れてしまう事のないように注意した方が良いです。例えば、安全ピン・接着剤・テープ等を付けたまま、洗濯をしてしまうのは避けたい所です。

<時間に余裕がある場合に自分で洋服のほつれを対処する方法>

応急措置をして時間に余裕が出来た時には、洋服のほつれを縫いましょう。 勿論、時間に余裕がある時に洋服のほつれを発見した場合は、そのまま自分で縫うのも方法です。自分で縫った部分が目立たない様に気を付ける事をおすすめします。

<洋服がほつれてしまった時に避けた方が良い対応>

洋服がほつれてしまった時に、そのほつれた糸を引っ張る事は避けましょう。 糸を引っ張る事でほつれが酷くなってしまうケースがあるからです。 案外、洋服がほつれた時に糸をひっぱる事はやってしまいがちな対応なので注意しましょう。

<まとめ>

外出している時に洋服がほつれている事が分かると焦りますよね。 外出先で洋服のほつれが判明したのでは、急に別の洋服に着替える事は難しい場合もあると思います。しかし、その洋服の応急措置法を知っておくと冷静に対応出来るかも知れません。

服の買取なら宅配買取店バームにお任せください