脱げるパンプスを自分で対処する方法|【服の宅配買取店バーム】


パンプスのパカパカはこれで解消!

パンプスというのは、なかなか自分に合っているものを見つけるのが難しいとも言えます。
そのためにパンプスをはくと、かかとがパカパカなって非常に歩きにくいという経験をされた女性は少なくないと思います。特に普段パンプスをはかない人であればなおさらです。
もちろんパンプスがパカパカならないように、バンドなどのずれ防止グッツを購入して使用することもできますが、ここでは自分で簡単にできるずれ解消法をご紹介します。

かかとを靴に付けるようにする

パンプスが歩きながらパカパカと浮いてしまう原因は、横幅がパンプスとあっていないことが要因としてあります。
自分が思っているサイズとは、実は自分の脚のサイズは違うことがあります。通常、靴の横幅はEE,EEEなどで表現されています。次回、パンプスを買う時のために脚の正確なサイズを一度プロにはかってもらいましょう。


話を元に戻しましょう。靴の横幅があっていないために、かかとが正しく靴の底についていないケースが多いのですが、そのために簡単にパンプスが脱げてしまうのです。
対処策としては、足先を少し上げてあげることで、かかとを下げるというものです。中敷きを利用しますが、足先だけのタイプのものを利用してみてください。ほんの数ミリでも足先が上がることで、かかとは下がり靴底にかかとが付くようになります。


慣れるまで履き続けてパンプス筋を鍛える

パンプスは歩くのにちょっとしたコツが必要となります。
パンプスを普段はきなれている人は、あまり気が付かないかもしれませんが、実は上手にパンプスを履きこなすためには、筋肉が必要なのです。どこの部位?と思うかもしれませんが、それは人それぞれ歩き方が違うために、筋肉を使うところも違うので、明確にどこであるかを言うことはできません。


でもいわゆる パンプス用の筋肉を鍛えることで、脚が踏ん張れる ようになります。筋肉を鍛えるためには反復運動をおこなわなければなりません。ちょこちょことした時でも、パンプスを履いて歩いてみてください。
まずは自分の脚を変えていくということを意識して、脚の裏でしっかりと踏ん張って歩きます。


この時に注意してほしいのが、膝を伸ばして重心を内側にして正しい状態で歩くということです。これによってお尻の大殿筋、ふくらはぎのヒラメ筋なども鍛えられてダイエットにもつながります。

まとめ

靴擦れ防止グッツなども有効な手段です。
でも見た目が嫌だ!かっこ悪い!などの声も多いです。
どのパンプスにも活用できる方法といえば、上記に挙げた2つの方法です。
ぜひ試してみてくださいね。

服の買取なら宅配買取店バームにお任せください