洋服買取でバイヤーがチェックするポイントとは?!


洋服買取でバイヤーがチェックするポイントとは?!

洋服を買取りに出す際に、「一体裏では何をみているんだろう」、「何を基準に査定額を決めているのだろう」と疑問に思ったことはありませんか?今回は、バイヤーが具体的に洋服のどのようなポイントをチェックして値段に反映させているのか、チェックポイントをご紹介したいと思います。こうしたチェックポイントを抑えて、高額買取りを目指してみてくださいね。

お洋服の【汚れ・きばみ】

お洋服の汚れる個所は大体きまっています。それは、襟元、首周り、脇、裾です。査定の中でももっとも慎重に確認する点ですので、買い取りに出す際に事前にチェックしてみてください。例えば、えりの折り目を伸ばして確認してみてください。
パっとみた感じには綺麗に見えても、伸ばして良くみると汚れが確認できる場合も多いです。袖の内側、ワキ周りも要注意です。その他の箇所のシワや黄ばみも減点ポイントとなってしまうので、可能な限り、部分洗剤を使用するなど、こうした箇所の汚れ・黄ばみを落としてから査定に臨むと良いでしょう。
以下に、基本の部分汚れ編、お手入れの方法をご紹介します。
お手入れの方法(ワキ、襟、袖の汚れ&黄ばみ)
1.専用洗剤を汚れている部分に「えり・そで汚れ専用洗剤」を染みこませます
2.30分程度置き、じっくり汚れを浮かせます
3.普段どおりに洗う洗剤を(可能であれば漂白用洗剤も)入れて普段通りに洗う
えり・そで汚れは1~2回程度の着用でもついてしまいます。「汚れかも…」と思ったら、こまめにお手入れすることが綺麗な状態をキープする大切なポイントとなります。
※こうしたお手入れをする前に、必ずお手持ちの衣類の洗濯表示基準を満たしているかどうかを、しっかりご確認ください。万が一トラブルが発生した場合、責任を負いかねますのでご了承ください。

お洋服の【匂い】

お洋服の【匂い】タバコ、体臭、香水、カビ、防虫剤

洗濯匂であれば問題ありませんが、タバコ、体臭、香水、カビ、防虫剤などの匂いがあると、買い取りを拒否されるケースもあります。こうした匂いには自分では気がつきにくいため、念のために1日風通しの良い場所に干す&消臭スプレーで匂い対策をしてから買取りに出す方法がおススメ。
5万円以上する高額なお洋服の場合、クリーニングに出すのも手です。その場合、タグはとらないようにしてください。バイヤーに大切な洋服という事が伝わり、緊張感を与えます。

ポケット内部

例えばズボンであれば後ろポケットはよく使用しても、前側はあまり使わないですよね。ポケットの確認が疎かになり、内側が汚れていた…なんてことのないように、注意したいところです。

ボタン(緩み等)

飾りのボタン、留める為のボタンなど、ボタンのゆるみ具合や種類が揃っているかなどをチェックして行きます。緩みがあるならば可能な限り、他の部位と同じようにして修理してみましょう。くれぐれも生地を傷めない様にご注意くださいね。

お洋服の股、裏地部分

意外と擦れやすく、気が付きにくいのがズボンであれば股部分や裏地部分です。こうした部部分のヨレや擦れ具合は使用頻度や使用方法に左右されます。特に襟に近い部分の裏地は擦れやすく、もっとも注意が必要なポイントです。
多くの買取り店では、破れと言った致命的な傷のあるお洋服にはお値段が付かないか、買い取り不可となるケースが主です。丁寧にお洋服を取り扱うように注意しましょう。

お洋服の股、裏地部分

ブランドや製品の質を確認するには欠かせないアイテムです。外国ブランドの場合、製品表示のタグが長く切ってしまう方もいますが、ブランド・製品表示タグの無い品は買い取り不可となってしまうので気を付けましょう。
お子様のお洋服では、タグに名前がある場合は減点対象になってしまいます。製品表示のタグ、ブランドタグはそのままの状態を心掛けてみてください。

付属品が揃っているか

お洋服の場合、ベルト、取り外し可能なフード、付属ボタンなどが挙げられます。高額なお洋服の場合レシートや、ブランドの記載されたタグを一緒に持って行くと高評価につながりやすいです。といのも、レシートやタグによって、いつ購入されたものなのかのおおよその検討がつくからです。
バイヤーは、洋服査定の際に、定価を元に査定額を検討しますが、定価がはっきりと断定できないようなケースもあります。そうした時にタグ、レシートなどの情報があればより正確で適切な査定に繋がりやすくなるんです。購入当時の付属品をそのままに買い取りに出すよう、ぜひ心掛けてみてくださいね。

販売されてからの年数

「買取り対象は、販売から3年以内のお洋服のみ」と買い取る洋服に制限を設けているケースも多いです。
「せっかく持って行ったのに買い取ってもらえなかった」ということの無い様に注意したいですね。あまり着ないかもと思った時点で買い取りに出すのが良いと言われるには、こうした「買い取り期限」の存在も関係しているようです

まとめ

バイヤーが査定額を付ける際にチェックするポイントを抑えて、買取り前に状態を確認してみましょう。購入当時の状態を可能な限りキープすることが高額買取のポイントになるので、大切なお洋服ほど、日頃のちょっとしたお手入れを心掛けてみたいですね。
袖、襟周りなど、出来る範囲で綺麗な状態に戻し、ぜひ高額買取りを狙ってみてくださいね。

服の買取なら宅配買取店バームにお任せください