洋服の季節感を意識していますか?季節感の取り入れ方|【服の買取専門店バーム】


洋服の季節感の取り入れ方

洋服に気を配っているが中々お洒落になれないと感じている方もいるでしょう。
そんな時には、洋服に季節感を取り入れては如何でしょうか?
今回は洋服の季節感の取り入れ方を紹介します。

<洋服の種類に季節感を意識する>

例えば、真夏に暖かそうなコートを着ていたら季節感を感じませんよね? これは少し極端な例えですが、そのコートが素敵な物でもお洒落だとは思わないでしょう。 これは誰でも普通に行っている事だと思いますが暑くなったら薄着を着て、寒くなったら厚着をするのも季節感に繋がります。着ている洋服の種類をその季節を感じさせるような物を選ぶ事をおすすめします。


<洋服の配色に季節感を意識する>

いつも自分の好きな色の洋服を着ているケースもあると思います。 それはそれで洋服を着る楽しみ方だと思いますが、それに季節感を意識するのも良いでしょう。例えば、春の季節に上下が黒い色の服装では季節感を感じられませんよね。 春の季節だと色は濃淡の桃色や黄色や薄緑等がイメージされる傾向にあります。 春の季節にはこのような色合いを取り入れてみると季節感を感じる事が考えられるのです。 春以外の季節のイメージされやすい色を紹介すると、夏だと濃淡の青色や赤い色、秋だとオレンジや茶色に濃い緑、冬は黒や灰が挙げられます。

<洋服の素材に季節感を意識する>

洋服に使用する素材にも色々な物がありますよね。 麻・シルク・ウール・綿等が挙げられます。
こちらの洋服の素材意識する事も季節感を出す事に繋がります。 例えば、真夏にウールの洋服を着て来たら、見た目的にも暑い事が考えられます。 反対に真夏であれば、麻の洋服を着ていると見た目的に涼しげではないでしょうか。 服に季節感を取り入れたい時には種類や配色だけではなく、素材も大事になる事が分かったと思います。

<アクセサリーに季節を意識する>

ファッションで季節感を出したいのであれば、アクセサリーも意識すると良いです。 例えば、春夏秋服のそれぞれのイメージしやすい色のアクセサリーを見に付けるのも良いと思います。加えて、夏場であれば、海を連想させる貝殻の形のアクセサリーも季節感があるでしょう。

<まとめ>

今まで着ている洋服に季節感を意識した事がなかった場合もあると思います。そのような場合は、これから洋服の種類・配色・素材を意識して季節感を演出してみるのも良いと思います。洋服に季節感を取り入れる事でお洒落な人に近付くのではないでしょうか。

服の買取なら宅配買取店バームにお任せください