服の保管方法(クローゼット編)|【服の宅配買取店バーム】


クローゼットに収まる服の保管方法

洋服好きの人は、気が付いたらクローゼットが閉まり切れないほどの洋服になっていた!ということもあるかもしれません。
でも大事な洋服なので捨てられない!という人のために。 上手に服をクローゼット内に収める保管方法をご紹介します。いつも整理整頓された部屋にしましょう。

着るものと着ないものに分ける

まずは分類から始めましょう。
去年着なかった服は、今年も着ない可能性はとても高いです。
なので去年をまず境目にして、去年着なかった服は着ない服、去年着た服は着る服に分けていきます。


着る服はクローゼットに戻していきます。では着ない服はどうするのでしょうか?このまま捨てるのはもったいないので、ボックスなどに入れて別の場所に保管します。
ざっくりとでいいので、分類することから始めましょう。


定期的に分類をする

1年に1回ほど、着る服と着ない服の分類を行います。
また去年着ない服として保管したものも、もう一度見直します。気が変わって今年は着るという服も出てくるはずです。
それであれば、ボックスからクローゼットにしまう場所を変更すればいいのです。


こうして3年たっても着ない服というものもあらわれると思います。ある調査では3年たっても着ない服は、これから先も着ない可能性がとても高いといわれています。なので3年間1度も着ない服は思い切って売りましょう。


思い切りも必要

服をため込むタイプの人は、すべてに対して思い出などを抱いているためになかなか服を捨てられないという人もいます。
しかし、クローゼットのなかに服を収めようと思うのであれば、思いきりも必要です。


買うばかりではたまる一方です。特に収納スペースが限られているのであれば、1つ買ったら1つ捨てる・売るということが大切です。
捨てるのはもったいないと思うのであれば、古着屋にて買い取ってもらうことができます。
これならばもったいないと思うことも少ないでしょう。次に洋服を買う時の資金にもなります。


日本の住宅はとても狭いです。特に都心に住んでいる人になると、収納スペースは限られていることでしょう。なので洋服を買ったのであれば、1つ処分するくらいの思い切りも大切です。


きちんと整理することで、似たような洋服を買わなくなります。クローゼットがきれいに収まるだけではなく、無駄な出費を避けることができます。バック・靴などもクローゼットに収まり切れないものがあれば、3年サイクル方法で処分していきましょう。


服の買取なら宅配買取店バームにお任せください